中部地区アルミ二次合金地金メーカーは、1月前半の原料購入価格を12月後半比で据え置いた。合金地金販価の伸び悩みが要因。 合金筋によると、昨年からの流れを引き継ぎ、当月も旺盛な生産を計画している。一方で新年明けて間もないこともあり、加工由来の発生は少ない。また、ロシアにおける凍土の影響と、海上輸送用のコンテナ不足が重なり、輸入塊の入着が滞り気...