日本チタン協会は、会員企業の製品開発や市場開拓の取り組みを支援する「チタン需要開拓助成制度」で、2021年度の助成金交付先を決定した。奈良精工(本社・奈良県桜井市、社長・中川博央氏)、小林製作所(本社・新潟市、社長・小林直樹氏)の2社に各50万円を支給する。 採択テーマについては、取り組みの新規性が高いため、現時点では公表しない。昨年度の採...