レベラー・スリッターなどコイルセンター(CC)向け設備を主に設計・製造する東研機械製作所(本社・大阪府交野市、社長・矢原肇也氏)はこのほど、三次元測定機によるCC向け設備の測定サービスを開始した。