引抜鋼管メーカーの玉川パイプ(本社・東京都大田区南六郷、社長・玉川大輔氏)が本社・工場近隣に第二工場を設立し、今年からレーザ加工を開始した。実現には、これまでの仕事やプライベートでの「縁」をきっかけとした支援・協力の輪があった。