北海道地区の2020年(1~12月)における建築統計が明らかになった。 それによると昨年の一般住宅着工戸数は前年比3・9%減の3万1339戸、建築物着工面積は同2・8%減の483万7166平方メートルとなっており、ともに3年連続の減少となった。 20年の一般住宅着工戸数を利用関係別に見ると、持ち家1万1090戸(前年比6・99%減)、貸家1...