総合リサイクル業大手のマテック(本社・北海道帯広市、社長・杉山博康氏)は14日、建設を進めていた鉄スクラップなどの破砕処理施設・石狩新港事業所で、道内最大規模の2千馬力シュレッダーの試運転を行い近く本稼働に入る。同所は鉄スクラップの入庫量増加や働き方改革に対応するため開設。大型船による鉄スクラップの遠国輸出も視野に入れており、道央圏における金...