1月の関西地区鉄鋼月間市況は、需要に盛り上がりなく全般的に弱含みに推移したが、メーカーの価格重視の姿勢により条鋼類には極端な安値への警戒感が強まった。 異形棒鋼は、小口の即納明細が多かったが、メーカーの強気の販売姿勢を映し、横ばいに推移した。中心値は直送ベース=6万3千円のままだったが、6万円を割り込む安値は次第に姿を消した。 H形鋼は、1...