関東地区市況は、亜鉛めっき鋼板類が横ばい、普通線材製品類が弱横ばい基調となろう。 カラー鋼板などの亜鉛めっき鋼板類は、住宅補修向けを除いて、市中の商いは精彩を欠いている。市況も昨年末に一段高となったものの、足元は上値の重い展開が続く。 都市部ではすでに五輪開催に向けた建設規制が始まっており、仮設の足場や揚重クレーンの解体などが動き始めており...