昭和電工(社長・森川宏平氏)は10日、長期経営ビジョンを策定したと発表した。エレクトロニクス、モビリティ、ライフサイエンスなどの成長分野でシナジーを発揮し、30年にEBITDA(利払・税引・償却前利益)を6・4倍の3200億円に高める。短期的には事業売却や収益体質の改善・資産圧縮で2750億円の以上の収益改善を図る。組織は21年7月にコーポ...