日本のアルミメーカーは製錬を行っておらず、圧延専業となっている。銅や亜鉛などと異なる。アルミの新地金または再生地金を外部から調達し、それを圧延することでアルミ製品を生産するビジネスモデルとなる。 国内トップメーカーのUACJは、圧延メーカーとしては生産量100万トン強で世界3位グループの規模を誇る。2013年に古河スカイと住友軽金属が経営統...