住友電工は1日、勤務間インターバル制度を試験導入すると発表した。終業から始業までの間で、原則11時間の休息確保をするもの。長時間労働を抑制し社員の健康確保と生産性維持・向上を図ることが狙い。 今月16日から全職場・全社員を対象に実施する。導入から1年間は試行実施。制度上の課題などの検証に取り組む予定となっている。同社で「今後も働き方の見直し...