銅・黄銅屑類は上物類は強含み、スソもの類は様子見商状。電気銅建値は強含み傾向にあるが、スクラップへの影響は需給によってまちまちの展開となろう。 季節要因もあり、3月いっぱいは荷動きがいまひとつの状況が続くとみられるが、4月になったからといってすぐに回復する状況でもなさそうだ。1号銅線や上銅(新切)といった上物類はまだいいが、スソもの類は定期...