平成31年関西銅業界合同年賀交歓会が9日正午から大阪市都島区の太閤園で開催され、関係者370人が出席した。 柴田光義日本伸銅協会会長(古河電気工業取締役会長)は「2018年度の伸銅品生産数量は82万トンを予想しており、19年度も堅調推移を期待している。リーマンショック前には約100万トンの水準だったが、中身は変わってきた。軽薄短小化し、製造...