名古屋地区の酸洗鋼板は、昨年12月は駆け込み需要などはそれほどではなかったが、全体では比較的動いた。足元は市中在庫が特に不足している感じはないが、一部サイズで品薄、歯抜けが出ている。需要家への仕入れ値高転嫁にも時間がかかり市況は変わらない。 国内材や輸入材も今後さらに入荷遅れとなることが予想されるため、歯抜けが順次拡大して状況が変化していく...