中部地区の機械構造用炭素鋼(SC材)店売り市況に先高ムードが台頭し始めた。先月から高値玉の入荷が進み始めたことから、流通は仕入れ価格上昇分の転嫁に向けて売り腰を一段と強化。値上げ〝待ったなし〟の姿勢で、今月から需要家へ1万円程度の値上げアナウンスを本格化する方針だ。実需は依然さえないものの、来上期の自動車ヒモ付き価格が大きく値上がりすること...