構造用鋼は第1弾のメーカー値上げの転嫁を終え、第2弾の値上げのアナウンスを始めている。実際値上げできるのは、早くて7月帳破以降となりそうだ。 荷動きはヒモ付きは好調、店売りも値上げ前の仮需的な動きが見られる。今後、自動車に半導体不足の影響が出るのではないかと心配している。メーカーの供給はタイトで、在庫に歯抜けがある。ただ、薄板のように同業者...