日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、会長・進藤孝生日本製鉄会長)は24日、治水と水力発電の強化に向けた提言を発表した。最新の降雨予測技術でダムの高度運用を可能とし、カーボンニュートラル実現と治水対策の双方に寄与する内容としている。 都内の鉄鋼会館でJAPIC水循環委員会の関克己委員長(河川財団理事長)などが会見し説明した。これまでは発電...