重仮設業大手のジェコス(社長・馬越学氏)は27日、食品を寄贈する「フードドライブ活動」を全国の事業所で実施したと発表した。社会貢献活動の一環で、経済的に困窮する学生への支援につなげる。 本活動では社員の各家庭で眠っていたカップ麺やレトルト食品、菓子などダンボール24箱分の食品を収集。新型コロナ感染拡大でアルバイトや仕送りが減り、経済的に困窮...