英資源大手アングロ・アメリカンが発表した1~3月期の銅生産量は前年同期比9%増の16万トンとなった。ロス・ブロンセス鉱山(チリ)とコジャワシ鉱山(同)の生産が好調だった。年間生産計画は64万~68万トンで前回計画を据え置いた。 鉱山別生産量は、ロス・ブロンセスが同比15%増の7万9千トン、コジャワシが同比8%増の7万2千トン、エル・ソルダド...