亜鉛めっき鋼板類は強横ばい。メーカー販価の上昇を理由に、流通は需要家渡し価格を引き上げている。来月には特約店各社の値上げが出そろいそうだ。施工業者が抱える物件が少なく、末端への浸透は先になりそう。 普線製品も高値寄り。母材価格の値上がり分が流通段階にまで浸透している。伸線筋は仕入れ価格上昇分を完全に転嫁しきれていないことを理由に、製品価格の...