アルミ合金屑の地合いは底堅い。市中相場は新切サッシ(63S)=16万2千~7千円、機械鋳物アルミ=11万6千~12万1千円どころ中心の値動き。 二次合金メーカーと問屋間の3月後半積み原料価格交渉はキロ当たり5~15円高で決着した。先行きも堅調との見方が優勢だ。「上伸余地は不透明ながら市中の需給は依然引き締まっており、下値はしっかりしている」...