九州地区の一般鋼材市況は、引き続き強含み調だろう。新規の引き合いは乏しいが、唱えはメーカー主導で高値寄りだ。 鉄スクラップ価格をはじめとした原料高を背景に、メーカーが段階的に販価を引き上げているためで、安値玉は拾えない。採算が悪化している流通としては、徐々に転嫁を進めている。 中小の投資案件は冷え込んだままだが、原料高が再び加速しており、メ...