鉄鋼新聞社はこのほど、東京、大阪、名古屋地区の有力鋼材販売店、コイルセンター、厚板シャーなど鋼材流通加工業者の1月における主要品種の販売・在庫状況、今月の販売見通しをまとめた。 1月は実稼働日数が少なく、中小建築案件の低迷などの影響もあって、全体的に各品種とも販売は低調に推移。在庫は販売量が伸び悩んだ影響によりH形鋼の一部で若干増えた動きが...