鉄スクラップは先週も東京製鉄が値下げしたことで、当地区でも輸出業者および地場メーカー各社が追随。H2の問屋持込み価格は2500円続落した。 発生は依然低水準だが、相場の先高観が薄らいだこともあり、市中業者が手持ち在庫の出荷を進めたため荷動きが活発化。地場メーカーへの入荷は順調なようで、市中ではまだ下げ余地を残すとの声も。 H形鋼など一般鋼材...