東京大学生産技術研究所とプロドローン(愛知県)は、海中・海底観測を効率化する2種類のドローンを開発したと発表した。船舶やブイによる観測で不足するリアルタイム性や機動性を実現し、実海域での実験で十分な観測能力があることを確認した。海洋情報のリアルタイム取得や海洋観測の安価化などが期待できる。機体性能や動力源などの研究開発により、資源探査や測地...