新型コロナ禍ですべてが不慣れな環境下にあっても、企業規模を問わず「社員あっての会社」であることに変わりはない。 鉄鋼商社に所属する営業系で中間管理職の一人は、フルで在宅勤務した1週間を振り返る。その間はメール、チャット、携帯電話、テレビ電話、ウェブ会議の嵐。「部下や上司、同僚や顧客・取引先から次から次へと来る問い合わせや指示、資料作成に忙殺...