重電大手の明電舎は、政府による緊急事態宣言の対象地域で実施している在宅勤務を5月末まで実施することを決めた。これまで4月28日までを予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため延長する。