条鋼建材製品は建築需要が精彩を欠き、需給がさらに緩んだため全品種の価格が1千~2千円切り下がった。 異形棒鋼は下旬に2千円続落した。中小建築物の出件が限られ、安値受注に傾いたゼネコンからの指し値がさらに厳しくなった。電炉の売り腰は総じて弱まっていないが、商社や流通は安値折り合いを強いられた。メーカーへの発注量は前月を下回ったとみられる。 形...