アルミ圧延品(板・押出・箔合計)の1月輸出量は、前年同月比16・3%減の1万6205トンだった。全体の4割弱を占める中国向けが1割減少したほか、米国向けがここにきて4割減少。品種としては押出と箔は前年同月を上回ったものの、板が3割近く減少したため、全体としては大きく前年同月実績を割り込んだ。 板類は28・7%減の9266トンで1万トンを下回...