1月の関東地区の非鉄金属市況は上旬から中旬にかけては強基調、下旬にかけては弱基調で推移した。指標となる海外非鉄市況は、15日に米中通商協議「第1段階」への署名により経済活性化への期待感から上伸するも、以降は新型肺炎による実体経済への影響を懸念して合意の上げ幅を打ち消し、値を大きく落とした。 電気銅は月初、前月比2万円安の70万円でスタートし...