鋼材内需の不振に加え、広くアジア全域での製鉄能力増強によってマクロ的に見た日本の鉄鋼業界は目下、川上に位置するメーカーさんの舵(かじ)取りが難しくなっているように思う。 その中でわれわれ鋼材加工流通業も生き残っていかなければならないわけだが、幸い、建設関連を中心に鋼材内需が底堅いので知恵を絞り、工夫さえすればまだまだ事業収益を確保できるチャ...