黄銅丸棒は高値推移が続きそう。銅建値はここに来て軟化。しかし、黄銅棒メーカーの月間の原料購入平均値を採用して、販価を設定しているため、現時点で来月出荷分も、販価を一段引き上げることになりそうだ。 製品高を理由にしたユーザーの買い控えは見られない。年明け後は、正月休暇の反動からか、日当たりの出荷がハイペースだったが、ここに来て落ち着いている。...