カラーガルバリウム鋼板は全般に強横ばい調で越年したが、年始も基調は変わらず、横すべり推移。市中相場は大コイル0・35ミリ=22万4千~6千円どころ中心の値動き。 先週中は例年同様の年始環境で、市場関係者は挨拶回りに終始していたが、三連休明けのきょう14日から、ようやく商いは通常モードでスタートする。 原板の値上がりなどを背景に、昨秋以降から...