等辺山形鋼は6×50=8万5千~6千円どころ中心で横ばい調を持続。 取り巻く需給に目立った変化はない。昨年末の横ばい調を引きずってのスタート。足元の引き合いは小口スポット中心で、代わり映えがしない展開。 玉の手当てに事欠かないため、末端ユーザーは在庫補充に慎重な姿勢を崩していない。荷動きを見極めたいとの声が強く、市場は様子見ムードを払しょく...