条鋼建材製品は、年度末を迎えて駆け込み需要も一部で見られるが、市況上伸を促すほどの規模にはならなさそうだ。 異形棒鋼は強含み調。原料市況の続伸で電炉の売り腰はさらに強まったが、下値の切り上げが中心の展開だ。大手需要家の動意は薄く、様子見商状となろう。H形鋼は横すべり調。在庫に過剰感はないが、以前ほどのタイト感もない。きょう18日公表の東京製...