ナマシ鉄線は市況が現行値を下回らないよう需要家との攻防が続いている。一時は鉄スクラップ価格が下落したことや、中国製品の流入により市況が安値に引っ張られやすい状況にあった。しかし、電炉は各種コスト上昇分の転嫁を図り、強い売り腰を崩しておらず安値で折り合えない。 需要はこれ以上出荷が減少しないレベルにまでマーケットが縮小したためか、低位安定状態...