異形棒鋼(SD295)は直送ベース=7万8千~9千円どころ中心で模様眺め。 2月前半は寒波に見舞われたこともあって鉄筋加工業者の操業は低調で、足元の荷動きも越年物件向けの契約残が見られる程度とさえない。しかし、鉄スクラップ相場が続伸しており副資材や人件費、配送費といった各種コストアップ要因もあるため、堅調姿勢を継続してきた地場メーカーは春へ...