アルミ板圧延を手掛ける大手3社の18年4~12月期連結決算が出そろった。アルミ地金価格が前年平均を上回ったことによる販価高で全社が増収となった。一方で缶材や半導体関連需要の減速によってアルミ板需要が停滞したこともあり、加工分野が存在感を示す日本軽金属ホールディングスのみが増益となった。またUACJと神戸製鋼の2社は需要減速などを反映し、通期業...