丸紅がまとめたアルミ新地金港湾在庫統計(横浜・名古屋・大阪)によると、2018年12月末は前月比7・2%増の31万6800トンと増加し、2カ月ぶりに30万トンの大台に乗った。 前年同月比では31%増となり、適正水準とされる20万~25万トンを上回る状況が18年6月以降続いている。地域別では、主力の横浜が前月比3・8%増の15万700トン、大...