伊藤忠丸紅鉄鋼、新日鉄住金系の鋼材加工販売会社、豊鋼材工業(社長・北沢祥氏)は15日、福岡県京都郡の苅田工場に導入した4台のビルトH用サブマージ溶接設備「KCW―200―1000―II」の安全祈願祭および稼働式を行った。老朽更新の一環で、既存の4台を全て一新。レイアウトも並列から直列に変更し、月産1千トン体制をより盤石なものにした。