今週の普通線材製品と亜鉛めっき鋼板類は横すべり調。コロナ禍とあって足元の荷動きは小口スポット中心。扱い筋は仕入れを抑制しており、新規の引き合いは低調。 荷動きが伴っていないため、ユーザーは在庫補充に慎重。需要の行方が不透明だけに、当用買いに終始。インパクト材料に乏しい。こうした中、素材高を背景に一部の線材加工メーカーは販価引き上げをアナウン...