「還暦を迎えて体力が衰える中、今後も同じ質で仕事ができるよう努めたい」。その口調からは誠実さがにじむ。 大手自動車メーカーで営業畑を歩んだ後、2001年にCKサンエツグループ(当時サンエツ金属)入社。主に営業部門トップとして同社の躍進を支えてきた。思い出深いのは、黄銅棒大手・新日東金属との統合直後に襲ったリーマンショック。「当時はこれからシ...