東京地区の溶接鋼管類は年明け以降、昨年までの上げ基調一辺倒の状況がやや一服。主要品種は現行値圏内でもち合いの展開が続いている。主要分野の一つである土木建築向けの販売は総じて低調。一方で供給面は母材ホットコイルの調達に余裕が出てきたことから、一時期の強烈なタイト感は緩和されてきた。それでも市中で価格を下げるような動きはなく、扱い筋間では現行価...