機械構造用炭素鋼(SC材)は上値寄りで推移している。市中相場はS45C=14万円どころ。 メーカー販価の上昇に合わせた扱い筋の値上げが進展、市況は先月末までに1万円方上伸した。一方、大手ユーザー向け製品では依然高値が通りにくい状況。また一部メーカーが追加値上げを打ち出す中、流通は「母材だけでなく諸コストが高止まりしており、今後も仕入れ値高を...