岡山県下の一般鋼材市況はメーカー主導で強含み調。新年度入り後も需要環境は変わらず、停滞感が強い。荷動きは伴っていないものの、素材高を理由に扱い筋は「値上げやむなし」と唱えを上げて底堅く推移している。品種によって需給はまだらだが、鋼板類のタイト感は強く、手配に苦慮する場面も。経済活動の停滞感が拭えず、製造業種では大手格が設備投資を進めるものの...