アルミニウムやマグネシウムの鋳物製品などを手掛けるJMC(本社・横浜市港北区、社長・渡邊大知氏)は長野県飯田市で建設を進めてきた熱処理棟が竣工したと発表した。熱処理工程の内製化比率を高めて納期対応力や品質力を向上させることなどが狙い。今後は熱処理炉2基と冷却槽を順次導入して、6月からをめどに本格稼働させる。 熱処理棟は同市にある鋳造事業の主...