異形棒鋼(SD295)は直送ベース=8万1千~2千円どころ中心で強基調。 継続物件向けを含め、この時期としては一定の荷動きが見られるようだ。ただ、新規明細の動きを見ると出方はいまひとつ緩慢で、どのタイミングで活発に動きだすのか注視が寄せられる。一方、鉄スクラップ相場は様子見の展開を続けているが、伸線メーカーの売り腰は新年度入り後も強気がリー...