条鋼建材製品は強含み。だが実需が精彩を欠くため、上値の重さが意識されたまま新年度を迎えそうだ。異形棒鋼は下値切り上げが進もう。電炉の売り腰は強固だが、仮需も限られるため価格転嫁の積み残し解消が中心となろう。H形鋼や一般形鋼、平鋼は強横ばい。一方でコラムは母材高騰により先高観が台頭し始めている。 鋼板類は薄板3品、厚中板ともに上伸基調が続くと...