名古屋地区の普通鋼鋼材は、年度末に入って少し荷動きが出てきてもよい場面だが、引き続き市中全体はさえない。品薄感をいう声も鋼板コイルなど一部製品にとどまっており、条鋼や鋼管などに不足感はない。仮需的な荷動きが一段落し、関係筋では目先の供給玉に困っているところはそれほど多くない。 鉄スクラップは弱含み。先週行われた関西鉄源の共同輸出入札では、H...