磨棒鋼は荷動きが緩やかに上向いている。市中相場は10ミリ=21万5千円、50ミリ=21万3千円どころ。 自動車関連需要が引き続き高い水準を維持するほか、一時大きく落ち込んだ半導体製造装置向け直動レールも「直近のピーク比3割減程度まで復調」(二次加工メーカー筋)しているもよう。店売り材も仲間業者向け販売が増加傾向にある。ヒモ付き、諸口品を合わ...